庭 下 駄 に 沓 脱 ぎ 石 に 散 り 椿

にわげたに くつぬぎいしに ちりつばき

艶やかな緑色の葉。

赤い椿の花はその葉に隠れるように咲きます。

ツバキは春、花をつける常緑樹です。

日本に自生し、「万葉集」以来詠まれてきたそうです。

原種は筒状の赤い花を咲かせるヤブツバキですが、品種改良され、今ではさまざまな形と色があるようです。

だけれども単にツバキといえば、やはりヤブツバキの赤い花。

首から落ちるツバキは、落ちてしばらくはその美しさを保ちます。

昨夜の嵐のせいで、あちこちに落ちています。

和風の古い家には、縁側に大きな石が据えられていて、その上で靴を脱ぐからでしょう。

「くつぬぎいし」と呼ばれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください