かけす鳴く 無理をしてまで 生きんでもいい 

人間の姿から、大きく離れてしまうことがある、歳をとってしまった先には。本人が一番苦しかろうが、そこを考える力さえ失われ、体は床ずれをつくり、歩くことなど到底できず。もういいんですよと、いってやりたいが、面倒みてるわけではないので、それも言えず。心の隅では、「困ったときだけ、頼らないでください」と叫んでいる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください