麦 の 芽 や 薄 日 残 さ ず 掻 き 集 む

むぎのめや うすびのこさず かきあつむ

麦は初冬に蒔き、10日ほどで出てきた芽が寒さに耐えながら、

少しずつ伸びてゆきます。

霜枯れることもなく、葉を伸ばしてゆくようすは、

寒さのなかじっと春を待つ強さを感じさせ、

希望を見出すような気にさせるところがあるのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください