肩 車 柳 の 絮 を も み じ の 手

かたぐるま やなぎのわたを もみじのて

ヤナギは晩春、花をつけ、実を結び、白いわたげに覆われた種子が風に乗って飛び立ちます。

ふわりふわりとそこらじゅうに飛ぶのだけれど、いざ摑まえようとするとうまくいかない。

幼子はそれが欲しくて、「高い高い」をねだり、少しでも高いところならつかまえやすいと思ったのでしょう。

春の夕暮れの川沿いの古い町並みの散歩道。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください