隙 間 風 た め ら う な 早 よ 諦 め よ

すきまかぜ ためらうなはよ あきらめよ

オトコとオンナの間に吹く隙間風。

一度でも吹けば、もう破局に向けてまっしぐら。

もともと男女の仲は、関心が薄い方が、主導権を握ると言われます。

隙間風を修復しようとする努力は、相手方から見れば、むなしい、醜い悪あがきにしか見えないのです。

あきらめること。

ロープのような未練があったとしても、演技であっても、さらりとあきらめたように見せることしかありません。

努力はさらに嫌われるだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください