街 中 に 転 が る 孤 愁 ひ つ じ 雲

まちなかに ころがるこしゅう ひつじぐも

一人暮らしが孤独とも言えない。

田舎だから孤独でもなく、どちらかと言えば集まりの中に孤独を見つけることの方が多いものです。

見つけるというより、拾ってしまう。

じわっとボディブロウのように、ときをかけて効いてくるような。

夕月夜。

夕方西の空にあらわれ、夜半には没する月の夜のこと。

二日月から、七、八日ごろの上弦のころまでの夜を言うようです。

宵の間だけ出ている月明かりは仄暗く、そのおぼつかなさはむかしから愛され、詠まれてきたとか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください