芒 原 鯉 が 泳 ぐ と 誰 が 知 る

すすきはら こいがおよぐと たれがしる

一面のすすき原。

ススキにすっかり覆われて、蛇行する細い小川というほど綺麗なものではないけれど、水の流れがあります。

きっと、たぶん誰も知らない。

わたしはそこに大きな鯉が棲みついているのを知っています。

線路側の低地。

湿地帯。

どうにも使いようのない土地なのでしょう。

干上がった沼の中に、いっぽん川が流れている、そんな感じです。

冬には、荒涼として、見てると死にたくなるような寂しさです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください