積 み 上 げ し 肥 料 に 白 き 蝶 休 む

つみあげし ひりょうにしろき ちょうやすむ

小さな庭の花の上をちらちら低く飛んでいたのを、見るともなく見ていて、いつのまにか見失っていたのだけれど、車庫の奥にもう長く積みっぱなしになっている、肥料の大袋を重ねたところで羽をやすめていた。

花木がよく育つように、花をつけるようにと買ったものの、寒暖の差が激しかったり、長雨でやる気が失せたりで、放ったらかし。

袋の縫い目がちょっと破れかけているのも気がついている。

蝶々は、そこが気に入ったのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください