無 人 駅 詠 み た る 人 の 返 り 花

むじんえきよみたるひとの かえりばな

俳句の会に、九十を過ぎた男性がおられた。

「無人駅」を好んで詠み、福岡県警のトップで、勲章までもらったひとながら、自慢話のひとつもきいたことのない、立派な穏やかな人でした。

折にふれて、思い出したます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください