法 螺 貝 に 山 の し か か る 冴 返 る

ほらがいに やまのしかかる さえかえる

初めて、護摩焚きを体験しました。

はるかな山から山伏が下りてきて、ホラガイを拭いたり、エイヤっとお清めをして、いよいよ竹や葉に火をつけて、焔があるうちに渡り始め、わたしに順番が回ってきたときには、ちょっとだけ温かい程度で、不満でした。

熱ければ熱いほど、ごりやくがありそうな気がして。

山はまだ冬の様相で、気温も風も冬のそれで、春は名のみといった寒さです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください