桜 枝 垂 る 湖 面 彼 の 人 映 り 込 み

はなしだる こめんかのひと うつりこみ

たくさんの人が通り過ぎていって、なかには遠くに旅立った人。

もう一度逢いたい人などいろいろです。水面にせり出した桜の枝が、くっきりと映るようすは、そんな自分の来し方を思い出させるものです。

あっという間に、もう満開です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください