春 月 の 顔 大 き か り 酩 酊 か

しゅんげつの かおおおきかり めいていか

冬月は、夜空にくっきり尖るような鋭さをもちます。

そこへゆくと、春ののどかな濃紺の空に、なんとなく境目もぼんやりして、気合の入らないおっとりした春月は、どこか一杯呑んだよう。

あれもいい。

これもいい。

どこにあっても月はいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください