年 玉 に 新 札 折 る を 躊 躇 へ り

としだまに しんさつおるを ためらえり

本来は、年長者が年下の者に与える習慣が慣例として残ったものだとか。

与えられるものは、米だったり、酒、餅など地域によっていろいろ。

昭和17、18年頃までは、年長順に祖父母の前に座り、「年玉」といって

白紙に包んだ餅を渡されたらしいです。

この習慣は、米やモチに穀霊が宿っていると信じられていたからだそうです。

近年はもっぱら正月に渡される金銭を、「お年玉」と言います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください