夕 暮 れ の 車 窓 耕 人 ひ と り き り

ゆうぐれの しゃそうこうじん ひとりきり

春の夕暮れ、寒さを一歩出たころの生温かい空気のなか、山あいの広くも狭くもないくらいの畑地を、機械も使わず、クワ一本引きずって、農作業らしきことをしている。

車窓から見る風景は、見慣れたものでも幻想的にする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください