南 天 の 花 に は 邪 気 の 見 え る そ な

なんてんの はなにはじゃきの みえるそな

南天。
庭木として、むかしから好まれるのは、名前が「難を転ずる」に通じるからだと言われます。
むかしは、どの家も鬼門に植えたそうです。

赤い実がなるのは知っています。
正月頃です。
ただ、花が咲くのは、六月七月頃です。
円すい状に、白い小さな花が咲き、赤い実ほど目立ちはしませんが、ひっそりとした趣きを感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください