冬 木 の 芽 階 段 思 は ぬ も う 一 段

ふゆきのめ かいだんおもわぬ もういちだん

これで終わりと信じた階段がもう一段あったときの恐怖。

とくに、二階に干した布団を抱えて、前が見えない状態で

下に降りたつもりが、もう一段あったと気づいたとき。

死ぬかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください