冬 木 の 芽 拳 挙 ぐ れ ば 空 碧 く

ふゆきのめ こぶしあぐれば そらあおく

葉をすべて落とした落葉樹は、活動を停止して深い眠りについているかのようですが、冬に入る前にすでに、春の芽吹きの準備をすませていると聞きます。

枝々に小さなふくらみのように見えるのは、やがて葉となり花となる部分で、「冬芽」と言われるとEテレの園芸で言っていました。

冬の間じっと寒さをやり過ごし、気温が上がると活動しはじめます。

冬芽が動き出すと、春が一気にやって来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください