ビ ル 風 は 木 枯 と な り 乾 物 屋

びるかぜは こがらしとなり かんぶつや

街はどこもかしこも昔を忘れ、道は道路となり、

家々は解かれ、高層マンションに姿を変え、

大型ショッピングモールが決まったようにできます。

わたしの好きな筥崎界隈も例外ではありません。

そんな中にも、いつまでもつのか期待はできないけれど、

古い乾物屋が頑張っています。

もう幼い日の街は、ここだけにしか残っていない

そんな気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください