も み じ 葉 も 共 に 上 が り て 崩 れ 簗

もみじばも ともにあがりて くずれやな

春、川を遡上する魚を捕るのがヤナ、秋になって、産卵を終えたサカナやふかした稚魚など、河口へ下るサカナを捕るための仕掛けを下りヤナと言います。

セキを設けて川の流れを狭め、サカナを追い込むのです。

下りヤナが放置されたまま崩れているのを、くずれヤナと言います。

くずれヤナは、サカナをぜんぶかっさらうことがないので、ちょっとほっとします。

川岸の色づいたモミジがサカナとともにヤナに落ちていることもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください