も う 逢 へ ぬ 人 夕 焼 け に 振 り 返 る

もうあえぬ ひとゆうやけに ふりかえる

さよならと言って、しばらく歩いて、曲がるところでもう一度

振り返って、手を振った。

おそらくは、これで最後だろう。

今は停滞しているように見える病は、そんなにヤワではないと聞く。

あるときから、坂道を下るように。

「ちょっとこのところ、調子が良いから」 

と、寄ってくれて、涙が出そうになった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください