ひ と つ 道 入 れ ば 馬 車 道 暮 れ の 秋

ひとつみち いればばしゃみち くれのあき

福岡市は、まあまあ都会のうちかと思っていたけれど、どうやらそうではないみたいです。

幹線道路をひとつ奥にはいれば、戦前のままの、牛馬が通った道。

街づくりなどというものは、表だけ。

誰も彼も、供出などせず、役所もろくに働きもせず、道路に満たない道があちこちに、まるで迷路のように、張り巡らされている。

一軒一軒の敷地はひろく、庭でクルマはハンドルをきらず、くるりと回れる広さながら、離合できない道を、苦労しながら、使っている、そんな感じです。

孫子の代のことなど、考えないんでしょう。

べつにいいけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください