な ま こ 壁 子 育 て 燕 飛 び 交 ふ て

なまこかべ こそだてつばめ とびこうて

倉敷の風致地区の、もうひとつ奥の通りになまこ壁が連なった地域があります。

ツバメは春の半ば、南から日本に渡ってきて、秋に南へと去って行きます。

その間家の軒などに巣をつくり、町や田園を飛び交い、ヒナを育てます。

せっせせっせとエサを運ぶ姿は健気です。

スズメとツバメ、人間の生活圏にどっぷりの野鳥です。

見慣れていながら、スイスイと飛び交う姿には見惚れるものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください