おかしさが 余計に目立つ 春鏡

春になると、日差しが急に明るくなるからだろうか、自分のお顔の欠点が極まる。
わたしの部屋は玄関に備え付けの縦長い鏡があって、いやでも出掛けに見ることになる。
わたしは事実は見ない。一日の活力が萎えてしまうから。
両手をほっぺに当てて、ピッと斜め上に引っ張って、うその姿だけど、
お肌にハリを持たせてから、キリッときびすを返して、それからはもう二度と鏡を見ないで出勤するのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください