初 詣 迷 子 は 社 務 所 ヤ ク ル ト さ ん

はつもうで まいごはしゃむしょ やくるとさん

なんせ人が多いものだから、繋いでた手がほどけたのでしょう。
子どもは社務所に連れてこられ、巫女さんたちも忙しいのに、一生懸命泣きべそのご機嫌をとってくれて、さらにヤクルトが渡されると、すっかり泣き止んだようすです。

この句も読まれています。

威勢よく ひとりで生きよ 冬ポプラ ... 人も木も動物もひとりで生きるのです。 それが自然…そうあるべきです。
霧一枚 晴れても里は 霧の中 深い霧は、幾重にも降りた霧に包まれたよう。 一枚や二枚の霧が晴れたところで、真髄はまだしっぽりと里を包み込んで 微動だにしない。...
落 ち 葉 焚 き 愛 な る も の も 共 に 焚 き... おちばたき あいなるものも ともにたき 愛を信用してない。 世間一般見渡しても、「愛してる」の結果が不倫の渦。 愛などといういかがわしいものは要らないのです。 健康は欲しいけれど。 あとはお金で、人生のかたはつく。 愛なるものがもしあるなら、お金に換算してほしい。...
麦 秋 や 一 年 坊 主 見 え 隠 れ PhoTones Works #5187 / PhoTones_TAKUMA 麦は、稲と違って、収穫前でも直立している。 したがって、ある程度の高さがある。 ランドセルが歩いているような一年生は、家庭訪問中とかで、はやばやと集団下校。 麦畑の向こうに見え隠れ。 ランドセルの、お揃いの黄色いカバーが...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください