初 詣 迷 子 は 社 務 所 ヤ ク ル ト さ ん

はつもうで まいごはしゃむしょ やくるとさん

なんせ人が多いものだから、繋いでた手がほどけたのでしょう。
子どもは社務所に連れてこられ、巫女さんたちも忙しいのに、一生懸命泣きべそのご機嫌をとってくれて、さらにヤクルトが渡されると、すっかり泣き止んだようすです。

この句も読まれています。

恋 文 は 下 駄 箱 に 入 れ 花 柊 こいぶみは げたばこにいれ はなひいらぎ むかしからラブレターはくつ箱に入れることに決まっている。 手渡しの方が手っ取り早いし、反応も見られるから、ツワモノはそちらを選ぶ。 ヒイラギは、花を咲かせるけれど、毎年ではないと思います。 あの防御の激しいギザギザの葉っぱだけ見ていては、花は見つかり...
石 炭 の 積 み 出 し 港 に 霞 立 つ せきたんの つみだしこうに かすみたつ むかし石炭産業活発なころには、その積み出しで賑わった港。 石炭色に染まった黒い海。 たくさんの人々が仕事に集い、この好況が永遠に続くことを疑うことなど誰一人なかった。 長い年月が経ち、当時の面影こそないものの、それなりに成熟した街になってきたようすです...
自堕落に 生きてみたやと ほととぎす... 明日を思い、あさってを思い、今日を生きてきた。いいことなど少しもない。思いどおりになどなるはずもないが、 あんまりじゃないかの日々ばかり。疲れた。ケセラセラと生きてみたい。どうせ結果はおんなじだろう。...
鰯 雲 郷 (さと) の 便 り も 遠 く な り... Sky over Tatashina 蓼科で見た空 / urawa 親が死んで、もうどれくらいになる だろうか。寄りつくこともない故郷。 何故か、秋になると故郷を想う。あ の路地や生垣はそのままだろうか。 神社の秋祭りは今も変わらずあるの だろうか。鋭角の曲がり角、床屋の 看板。線路の向こうの、小...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください