カ ス テ ラ に 切 り 目 の あ り て 涼 し か り

カステラ、ケーキ、羊羹 、お菓子ばかりではない。
メロン。
オンナばかりの職場では、切り分け担当は、命を張らなければならない。
甘党ぞろい。
「あ〜ん、テキトーに置いといてえ」
なんて言うが、メガネのふちの外で、人のと比べている。
以前わたしは、外出している人の分を忘れて、居る人の数で割って、食べてしまい、またそれが、さっさと洗わなかった皿で判明し、その日から数日、針のむしろで過ごしたことがある。
切り目があるとありがたい。
なぜもっと早く、誰か発明してくれなかったかな。

この句も読まれています。

命日と 盆が重なり ありがたし 法事は少ないほうがいい。
小糠雨(こぬかあめ) 沈丁の香 閉じ込めて... 沈丁花の花が咲き出しました。 赤と白では、どちらが香りが強いのでしょう。 駐車場とか、高架の下とか、川べりとか、思わぬところで、香りがすると、 嬉しくなります。 今日は、朝から小さな雨が降っていて、おさまる気配もありません。 気のせいか、沈丁花の香りも雨に閉じ込められて、薄くなったような気がします。...
言えばもう 終わるしかない 沈丁花... 想いを告げれば、それまで。 黙っているのが、大人。 よかったらクリックください。励みになります。
芝芽ふく 春の絨緞(じゅうたん) まっしぐら... 芝というものは、少しずつ少しずつ芽を出すのだと思いますが、昨日まで薄茶色だったのが、 きょうになると、いきなり緑に見えてびっくりしています。 たぶんある一定の線を超えると、人間の目には緑に見えるということなのでしょう。 まだときどき寒い日があるものの、春が来ました。 よかったらクリックください。励み...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です