カ ス テ ラ に 切 り 目 の あ り て 涼 し か り

カステラ、ケーキ、羊羹 、お菓子ばかりではない。
メロン。
オンナばかりの職場では、切り分け担当は、命を張らなければならない。
甘党ぞろい。
「あ〜ん、テキトーに置いといてえ」
なんて言うが、メガネのふちの外で、人のと比べている。
以前わたしは、外出している人の分を忘れて、居る人の数で割って、食べてしまい、またそれが、さっさと洗わなかった皿で判明し、その日から数日、針のむしろで過ごしたことがある。
切り目があるとありがたい。
なぜもっと早く、誰か発明してくれなかったかな。

この句も読まれています。

また夏が 来る切り抜ける なんとして... 夏がつらい。もともと暑さに弱い。以前は六月は雨が多くて過ごしやすかったのに、今年はもう悲鳴をあげたくなるような暑さ。乗り切らなくては。これから三ヶ月か‥。働いて働いて、疲れすぎると、眠れなくなる。三ヶ月だろうか。...
時期はずれ あはれを増して 帰り花... 時期はずれの花をきれいとは、あまり言わない。 なんか変、どうしたんだろう、だいじょぶかな。 人もきちんとした方がいい、一応。...
木 守 り に あ れ や こ れ や の 神 頼 み... きまもりに あれやこれやの かみだのみ 柿やユズを収穫する際、木のてっぺんにひとつ実を残しておきます。 来年もたくさん実がなるようにという、まじないのようなものです。 ついでにあれやこれやも願かけし、まったく欲深いものです。 まじないと言っても、実際には鳥が食べることが多いです。 鳥に実り...
蜃 気 楼 寄 り 来 る 電 車 も お ろ お ろ し... しんきろう よりくるでんしゃも おろおろし 曲がって、電車が駅に向かってくる。 暑い暑い昼最中、ゆらゆらと電車は揺れて、ついでに線路もごにょごにょして見える。 なんでこんな暑い日に出かける用事があるのだろうと恨めしくなります。 半分蒸発しそうな電車に乗って、街まで行きます。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください