ご う ご う と 芽 吹 き の 音 や ど の 幹 も

ごうごうと めぶきのおとや どのみきも

春が間近です。
もう芽を吹く寸前の樹々。
幹の中は、春の息吹に遅れまいと栄養を行き渡らせ、万全の準備を整えているところでしょうか。
桜ももちろん、名も知らぬ若木まで。

この句も読まれています。

藤 棚 の 下 人 混 み に ぽ つ ね ん と... ふじだなの もとひとごみに ぽつねんと 藤の名所はなぜか神社やお寺が多いようです。 あちこちが、藤の房の長さを競い、何処も人でごった返しています。 人混みにひとりでいるのも悪くはなく、もちろん寂しくもなく、若葉の風に吹かれる心地よさを満喫しました。 自生する山の藤以外の藤には、さして興味もなく、よ...
赤まんま 夕餉(ゆうげ)の匂いの 道すがら... 秋の日暮れ、日の落ちるのが早く、帰り道はなんとなく 急ぎがち。どこからか秋刀魚を焼く匂いや、カレーの匂いがして あゝ幸せの匂いだって思う。 夕食はおおよそ決まった時間に、簡単でも手作りで、 炊きたてのご飯で食べるのがいいと思っている。 そういう些細なことの積み重ねは大事なことで、きつい時ほど どうに...
背の縮み 婆(ばば)の裾(すそ)上げ 春の雨... 年をとると、どうしても姿勢が前かがみになる。 背骨の間も縮むらしい。 よって、ズボンの前側は余り、後ろ側はつり上がった感じになる。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
着 ぶ く れ て ラ ジ オ 体 操 ま ま な ら ず... 福子が先月の半ばから行っている、新しい職場は、毎朝ラジオ体操があります。仕事で、外に出ることが、あまりにも多く、暖かくしておかないと、寒さで、具合が悪くなりそうです。だからしっかり着込むので、ラジオ体操では、思うように手足が伸びない、肘を曲げて、反対側の手で掴めないなど、だるまが体操してるみたいにな...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください