ご う ご う と 芽 吹 き の 音 や ど の 幹 も

ごうごうと めぶきのおとや どのみきも

春が間近です。
もう芽を吹く寸前の樹々。
幹の中は、春の息吹に遅れまいと栄養を行き渡らせ、万全の準備を整えているところでしょうか。
桜ももちろん、名も知らぬ若木まで。

この句も読まれています。

秋雨の 上がりてもなお そぞろ寒 やっと本格的な秋がきました。あの暑かった夏が嘘のよう。秋の雨にしては激しい雨でした。雷もなって、まるで世の中がすべて洗われたようでした。雨が上がったあとも、震えるような寒さ。わたしの季節がきたと実感しました。今がきれいじゃないといけないと、化粧品を通販で注文したりしました。相変わらずばかです。窓を全...
小池真理子著 『 モンローが死んだ日 』 毎日新聞出版... 主人公は、59歳になる未亡人。名前は鏡子。 子どもはいない。 夫に先立たれ、親はすでに亡く、兄弟姉妹もいない。 夫と作り上げた家庭は、唯一にして絶対の心の拠り所だった。 深い喪失感にさいなまれ、死ぬことすら考えた鏡子を救ったのは、地元軽井沢の隣町在住の、存命中は多くの読者を魅了した作家の別荘を記念館...
冬 木 立 透 け て く る り と 月 の 道... 大きな樹が思う存分葉を茂らせていた夏が終わり、紅葉も過ぎて、もうすっかり枯れ木になってしまった。 樹々は葉を落としたけれど、先の先の細いところまで、しっかりと丁寧に枝である。 眠れない夜、その枝々の向こうに明るい月があった。 しばらくたってまた見ると、月は大きく動いていて、でもまだ大枯れ木の枝の向こ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください