ご う ご う と 芽 吹 き の 音 や ど の 幹 も

ごうごうと めぶきのおとや どのみきも

春が間近です。
もう芽を吹く寸前の樹々。
幹の中は、春の息吹に遅れまいと栄養を行き渡らせ、万全の準備を整えているところでしょうか。
桜ももちろん、名も知らぬ若木まで。

この句も読まれています。

吾 亦 紅 見 取 図 に 付 け 母 の 部 屋... われもこう みとりずにつけ ははのへや ぜんぜん交流のないママ母がいます。 もともと小さな家の見取図の、台所の横に6畳ほどの部屋を、その気もないくせにたわむれに付けてみたり。 ふつうの家族ならこうするのかななどと思いつつ。 親子というのは、果てしなく厄介であります。 ホンモノでもいろいろあ...
絆 は 菌 そ ん な も ん だ と 虎 落 笛... きずなはきん そんなもんだと もがりぶえ 東北大震災の当初そしてしばらくは「絆・絆」の連呼で、風評被害対策など盛んに言われたものです。 年月が経って、今になって、学校では、福島からの避難者やその子どもたちが「菌」呼ばわりされ、教師までがそれに乗るというお粗末さ。 人の心なんてそんなもの。 信じるこ...
西 郷 が 敗 走 の 道 山 か ず ら さいごうが はいそうのみち やまかずら 西南の役に敗れた西郷隆盛が、うちの前を通ったというのが自慢の婆ちゃんがいました。 ネットで敗走路を見てみると、どうもおっしゃる通りのようです。 長い時が経ち、歴史も大きく変わったものの、この辺りの風景にあまり変化と言えるほどの変わりようはないようで、九州...
花椿 花片(かへん)の重ねの 丁寧に... 山茶花は垣根にあって、いっせいにざっと咲く印象です。 椿は一本一本の木に、一花一花重厚に咲きます。 花弁は厚く、その重なり様も丁寧で、真ん中の芯のところも、まるで高価な和菓子のようで美しいものです。 よかったらクリックください。励みになります。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください