麦 の 芽 や 水 の 流 れ を 確 か む る

大麦の種は、初冬に蒔きます。
寒さを感じることで発芽のタイミングが決まると言われます。
寒さを受けないと発芽しないそうなのです。
種蒔きが早すぎると、病気になったり、凍霜害にあい、遅すぎると生長しないとか。
時季が的確であれば、だいたい2週間ほどで芽が出て、寒さに耐えながら少しずつ伸びてゆく。
霜枯れることなく、生長してゆくようすは、寒さの中でじっと春を待つ忍耐や強さを感じさせます。
一日一日をていねいに生きようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください