鳥 雲 に 入 る を し ゃ が み て 田 圃 道

とりくもに いるをしゃがみて たんぼみち

春、北へ帰る渡り鳥が雲にまぎれて見えなくなくことを言います。

鳥たちの後ろ姿を見送り、名残を惜しむ気持ちがあります。

いなか道を歩きながら、そんな光景に出くわすと、いちまつの寂しさを覚えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください