鮟 鱇 の 眼 妹 の 目 離 れ 具 合

あんこうのめ いもうとのめ はなれぐあい

アンコウは、冬の味覚として一級品と言われます。

身よりも、その内臓の、とろっとしたところが、ナベにしても美味しい。

深海魚らしく、見かけのおかしさでも、特級品。

黒っぽい、艶のない肌、「へ」の字に両端が下がった、大きな口、そして真ん中に、ゆうにもう一つは、入ると思われるほど、離れた眼。

幼い日、自分が叩かれまいと、

アタシのことをなんやかやと、ママハハにちくった、妹に

よく似ている。

あのころまだ幼稚園だった。

それから20年、お互いに辛い時間を過ごしたなら、

もっと仲良くすればいいと人は言うけれど。

本人同士はなかなかそうもいかないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください