魚 屋 の 白 熱 灯 や 釣 瓶 落 と し

さかなやの はくねつとうや つるべおとし

近頃では、一件の店を構えた魚屋、八百屋はすっかり減って、何でもかんでもスーパーの中へと押し込まれるような感じです。

その方が便利でもあるものですから、買い手も慣れてしまったというところでしょうか。

秋の日は釣瓶落とし。

魚をイキイキと見せるには、LEDではダメ。

白熱灯の煌々としたあかりのもとで、秋刀魚もサバも蒼い背中をきらきらと見せます。

白熱灯の元で、魚屋は、声を張り上げ、値引きを始めます。

なんとしても今日のうちにさばかなければ。

ひとカゴ幾らを、二つで幾らと、買い手の心を揺さぶろうとちょっと見、大盤振る舞いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください