鬼 門 に は 花 の 八 手 の 構 え お り

Japanese Aralia / Fatsia japonica / 八つ手(ヤツデ)
Japanese Aralia / Fatsia japonica / 八つ手(ヤツデ) / TANAKA Juuyoh (田中十洋)

成長すると、天狗の団扇みたいに大きくなる。福を招くと言い伝えられていたとか。むかしは、何処の家にもあった。日本の古来種。秋の終わりに、なんともおかしな花をつける。ついつい見逃がすほど地味。敷地の裏側にあることが多い。陽が当たれば成長も早いのかもしれないけれど、日陰だから、目立った成長はしない。それにみんな気にしていない。鬼門にあたるところに植えて、邪気を祓う意味もあったらしい。こういう、あって当たり前の草木は、あったほうが良いと思う。ちゃらちゃらした一年草に心を奪われては、庭が、家が、人生が、落ち着きのないものになってしまう気がするのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください