鬼 や ら ひ 這 々 の 体 舌 を 出 し

おにやらい ほうほうのてい したをだし

鬼は外福は内、豆まきです。

こんなことで災難が避けられるはずもなく、鬼は大げさにアタマを抱えて逃げまどい、みごとに降参の姿勢だけれど、夜になれば平然と戻るはず。

あまりに大仰なやられた感は、わざとらしくてかえって不安を煽る気もする。

子どもが喜べばそれでいいのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください