食 べ て け と 熱 々 の 餅 牛 の 梅

熱々の出来たての梅ヶ枝餅を食べながら、赤煉瓦のトンネルを目指す。
飛梅は、いつもと同じように黒光りの牛とともにそこにあり、人が増えたこと以外むかしと何も変わらない。
お石茶屋は、その由来を知ってか知らずか、店の外まで人で溢れ、そのわりには続くトンネルに人影はない。
筥崎で生まれたわたしが、何の縁で此処に来たのか。
親の都合ではあるが、さしたる理由はなかったと思う。
青春とはとても言えない、4Bの鉛筆で真っ黒に塗りつぶしたいような日々を過ごしたのに、今も覚えてくれている人がいて、懐かしい笑顔で振り向いてくれることとても感謝している。
この最悪の時期が場所が、わたしにとって故郷となり、今いちばんの癒しの場になっているのも不思議な感覚である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください