飛梅の 郷(さと)へ植樹の 幸あれと

おだやかに謙虚に、思いやりをもっ
て一歩一歩歩いて行けますように。
この先の苦難を乗り越えられますよ
うに、思いを込めて、梅の木を植え
た。人生は多難。年を重ねたからと
いって、容赦しない。人を大切に、
特にわたしは控えめに生きていく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください