風 光 る さ ん さ 時 雨 の 祝 ひ 舟

かぜひかる さんさしぐれの いわいぶね

柳は生育の速い樹です。

生命力に満ち、春真っ先に芽吹くため、正月の餅花をつけたり、柳箸などを作るなどして、豊作や健康を祈ってきたそうです。

柳が芽ぐむころは、山野にはスミレやヨモギが育ちます。

大好きな民謡に「さんさ時雨」があります。

宮城県民謡。

しみじみとして、思いの深い飽きない唄です。

知る人ぞ知るかと思ったら、「宮城県の君が代」と呼ばれるほど親しまれており、結婚式や新築祝いなどおめでたい席で唄われる、祝い唄なのだそうです。

会津の戦国大名、伊達政宗が勝ち戦の直後、伊達軍の将校によって作られ唄われたと言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください