鞦 韆 の 髪 逆 立 ち て 空 を 突 く

しゅうせんの かみはさかだち そらをつく

シュウセンとは、ブランコのことです。

もともとは中国の遊びだそうです。

子どもの頃から運動神経イマイチのワタシです。

ブランコをこいで、しだいに高くなっていくと、ある点でたわみます。

それが恐ろしくて、かまわず高みを目指す子が信じられなかったものです。

目は大きく開き、髪はおかっぱのせいもあり、針金のように天をつく。頬は紅潮して心から楽しそう。

すごいなと思ったものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください