青 大 将 何 か 呑 み た る こ と 確 か

あおだいしょう なにかのみたる ことたしか

子どものころ、蚕小屋を改造したひどい借家に居た。

押入れを開けたとき、青大将とどぶネズミが対峙しているところに出くわした。

ネズミは私のおかげで、九死に一生を得たのだけれど、鎌首をもたげた蛇のノドの下の辺りが妙に膨らんでいた。

なによりそれが気持ち悪かった。

貧乏は良くない。

子どもが素直に育たない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください