雨 戸 繰 る 両 手 右 足 夏 の 草

あまどくる りょうてみぎあし なつのくさ

久しぶりに、誰もいなくなった実家に風を通した。

用があって行っただけで、あんなところに未練も懐かしさもない。

古い木造の雨戸の開け閉めにはコツがあって、上と下をがたがた調節して、ここと思ったところで一気にチカラいっぱいガーッとやるのです。

雨が降って湿気が多いときはさらにタイヘン。

調子いいと思って、ガーッとやったとき、脚を引っ込めるのを忘れて、とんでもないことになったこともあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください