雨 戸 繰 る 足 先 を 刺 す 茅 の 先

あまどくる あしさきをさす かやのさき

むかしの木製の雨戸は、開け閉めに熟練の技を要します。

両手だけでは、どうにもならず、片方の足の先を、上手に手伝わせます。

とくに雨の日、雨の降ったあとなどは、湿気を吸って、動かしにくいものです。

蚊が出ぬうちにと、草を抜かねばと、気にはしていたけれど、

一日延ばしにしていたものだから、

とうとう庭は、蚊の住処と化し、

茅の葉は伸び放題に伸びて、

雨戸繰りの、足先に触れるほどに、育ってしまいました。

みっともないけれど、ひと夏はこのまま。

なんせ、去年も、その前も、

生垣のひいらぎに、スズメバチが巣を作り、

その対応に、気持ちとお金を使うこととなり、

今年こそはと、アタマを悩ましていたものですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください