雨 の 萩 小 径 に 衣 半 身 濡 れ

あめのはぎ こみちにころも はんみぬれ

細い散歩道というより、抜け道。

片側は、竹林、反対側はハギがこぼれんばかりに道に垂れていて、ふだんならとてもきれいなのだけれど、雨上がりとあって、身の寄せ場がなく、ぐっしょり濡れてしまいました。

それでも台風が過ぎるごとに、秋の気配がもたらsれると信じて、酷暑に耐えるこの頃です。

街中には、ときどきこんな抜け道があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください