阿 蘇 の 裾 稲 藁 寄 せ て 立 ち 昇 る

あそのすそ いなわらよせて たちのぼる

阿蘇の中岳からずーっと離れた耕作地。

水害を乗り越えて、収穫の時期が来ました。

稲を脱穀して、藁が出て、集めて火を焚いて、その匂いになんとも言えない郷愁を感じます。

細く細く煙が立ち上り、秋の高い空に紛れます。

わたしにとっては、最高の幸せです。

子どもたちもめいめい一掴みづつ持ち寄って、火を見つめます。

別に何にも言わなくても、郷愁はわずかな経験から、受け継がれるものと信じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください