関 門 の 波 眩 し く て 卒 業 す

かんもんの なみまぶしくて そつぎょうす

門司港と対岸の下関のあいだ、関門海峡は、春の強い日差しを受けて、

きらきらと輝きます。

卒業という、大きな岐路、そして希望や、今後訪れるかもしれない、挫折に向かって、強くあってほしいものです。

羽ばたきのときを、遠いむかしに経験したおとなたちは、応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください