門 松 の 竹 の 切 り 口 無 人 駅

かどまつの たけのきりくち むじんえき

無人駅にも正月がきました。

鉄道会社がこんな気の利いたことをするとは思えないので、たぶんおそらくきっとご近所の方々がボランティアで清掃され、門松を立ててくださったのではと思います。

おかげで凛とした元日です。

天気も良く、すがすがしい気分です。

この句も読まれています。

いつまでも 待てるものかと 山笑う... わたしは待つということが、とても苦手。つまりじーっと我慢することが苦手で、すぐしゃかしゃか動いてしまう。その結果どれほど人生をだめにしたことか。人を待てない。状況が変わるのも待てない。ゆっくりゆっくり歩くことが大事だとくことは、しっかりわかっているつもり。こんなふうだから、自分が成長しない気がする。...
終 戦 日 な お サ イレ ン の 泣 き 悼 む... しゅうせんび なおさいれんの なきいたむ70年を超える歳月が経って。信じられないほどの犠牲者を出し、町を生活を焼き尽くして終わった。1分間のサイレンは、まだ泣いている。...
胡 桃 割 る 力 加 減 に 力 込 め 胡桃を割るのには、おおむかしはペンチを使っていたけれど、今はもうくるみ割り器で割る。 でも、力加減が必要なのは同じだから、とても気を使う。 弱すぎれば、もちろん割れないし、ばか力を発揮すれば、粉々になって、胡桃と殻が混ざってしまうし、後始末もたいへん。 ということで、肩に力が入り、眉間にしわを寄せて...
大 口 を 開 け て 目 薬 春 隣 D02_2653 / hisashi_0822 日差しが明るくなって、ときおり春の気配です。目薬さしは大仕事で、特に苦手なひとは悪戦苦闘です。時間と手間と、100年の恋も一度に冷めるようなお顔のわりには、ほとんど入ってないのが現状です。これから花粉症の季節です。あたしは、遠いむかし、電車の中で、女優...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください