門 松 の 竹 の 切 り 口 無 人 駅

かどまつの たけのきりくち むじんえき

無人駅にも正月がきました。

鉄道会社がこんな気の利いたことをするとは思えないので、たぶんおそらくきっとご近所の方々がボランティアで清掃され、門松を立ててくださったのではと思います。

おかげで凛とした元日です。

天気も良く、すがすがしい気分です。

この句も読まれています。

おろおろと 春の日暮れの 大根の花... 春の陽は、おろおろと暮れる。暑いのか寒いのか、風は吹いているのかいないのか、日は止まったように一定で、ある時を境に、つんのめったように暮れてしまう。その時を確かめようとするが、難しい。ただ白い大根の花が、薄暗闇にほわっと浮き上がって見える。遅い春は、大根の花が美しい。...
茉莉花に 遠い汽笛と 通り声 茉莉花はジャスミンのことらしい。まつりかと読むらしい。夜、窓を開けていると、ジャスミンの むせるような香りにのせていろんな音が聞こえてくる。遠くを行く列車の警笛、通りを歩きな がら話す人の声、犬の吠える声、春の終わりのやわらかい夜の香り。...
わさび漬け 涙流して 箸の先 今では全国どこでも買うことのできるわさび漬け むかしは静岡でしか買えなかったのです。 ベニア板のような素材の丸い薄い木の入れ物に 入っていて、ふたも同じ素材で、たしか黄緑色の 紐でくくられていたとおもいます。 開けるときっちりとビニールで覆われていて、 またそれを開けると、新鮮な強いわさびの香りが ...
路線バス 冬の川沿い 辿るごと 路線バスは毎日の仕事だろうが、初めて乗る人には、心をうたれることがある。 暗い暗い夕暮れ時、バスは狭い道を走る。 停留所から停留所までがやたらと遠い。 道は川岸をぴったりくっついて、川は蛇行して流れも速い。 大きな石がごろごろしていて、川岸には水草も多い。 どこの停留所でもあまり人の乗り降りはなく、...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください