鍵 (かぎ) は あ り 眼 鏡 探 し て そ ぞ ろ 寒

急げば急ぐほど、何やかやと探しまわる。
携帯は、家の電話からかければ、何処かで音がするが、マナーモードでは、それも役に立たず、焦る。
結局、ソファーの隙間にあったり、化粧品の横で見つけたりする。
やっと見つかったと安堵するのもつかの間、手に持って携帯を探していた家の鍵を何処かに置いたようで、自分で自分に腹がたつ。
時間が迫れば迫るほど、重症化する傾向あり。
この調子で、年齢を重ねたら、いったいどうなるのだろうと思うと、ゾッとする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください