不 落 の 城 壁 浄 土 へ と 蓮

ふらくの じょうへき じょうどへとはす

遠い昔のこと。

戦の果てに城は焼失しても、その城壁は今も残り、当時の頑強な造りを彷彿とさせます。

素人でも感じることです。

城の周りには、立派な堀があり、今はもう立錐の余地もなく、いちめんの蓮です。

早朝に咲き、昼頃にしぼむという急ぎよう。

花は、浄土へと通ずると言われ、仏花です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください