部 屋 中 に 樟 脳 の 香 雛 出 す

へやなかに しょうのうのか ひいなだす

お雛さまは、出すときからしまうまでが儀式です。

ていねいにていねいに、心をこめて、幸あれと、せめて辛いことが少ない人生を歩いてほしいと、親のそして祖父母の願いの結晶のようなものでしょう。

さあ、きょうはおひなさまを出しますよと、少々あらたまった気持ちで、一体一体道具のひとつひとつ、包まれている紙から取り出します。

あたしも持っていたおひなさま。

婆ちゃんがムリして買ってくれた。

ママハハに捨てられた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください