遊 ば せ る わ け に は い か ぬ 畑 を 鋤 く

あそばせる わけにはいかぬ はたをすく

ハタウチとも言います。

春の農事は田んぼを起こす田打ちと、この畑打ちからはじまります。

おおよそ彼岸を過ぎた頃から。

冬の間に硬くなった土にクワを下ろし、土くれをほぐして、種蒔きのできる畑をつくってゆかねばなりません。

広いところは、耕運機。

山あいの、タライほどの小さな土地や、畦を四、五本合わせたくらいの、ほんの小さな空き地も先祖伝来有効利用してきたものですから、今も続けます。

眠っていた土の黒ツヤがあらわれるのを見ると、毎年繰り返して作業してきたことがわかります。

コシは曲がっていても、スキを持たせれば、腰つき手つきは、やはり年期の入ったプロです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください