連 翹 の 枝 八 方 に 跳 ね 返 り 

れんぎょうの えだはっぽうに はねかえり 

れんぎょう。

モクセイ科の低木で、三月ころから枝々にあざやかな黄色の花をびっしりつける。

まるで跳ね上がる枝が広がります。

花はひとつひとつがとくに美しいと言うわけでもないけれど、あたりを照らし出すような、全体の明るさが、春のみずみずしさを強調するような気がするのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください