転 ぶ と は 棄 教 と 知 る や 寒 露 な り

ころぶとは ききょうとしるや かんろなり

バテレンとは司教のことです。

フェレイラというポルトガル出身の司教は、イエズス会から高い理想を持って日本に渡ってきたと聞きます。

その頃はすでに布教は困窮を極めており、日本語にすぐれていた彼は中心になって活動していたけれど、ついに長崎にて捕まりました。

穴吊りの刑、過酷な苦痛をもたらすものですが、事前になかなか死なないような処置、どんなものかわからないのですが、をされており、他の者はすべて転ぶことなく死を選んだけれど、フェレイラだけ耐えきれず棄教したとか。

以後は、転びバテレンとして、キリシタン取り締まりに当たらされたといいます。

同じ転びバテレンに、遠藤周作 「 沈黙 」のモデルとなったジュゼッペ・キアラがいるとのことです。

この句も読まれています。

里山の 裾一面の 柿落ち葉 小さな散歩がてらに登られるような山には柿の木が何本もあります。 小さな山のすそ一面に柿の落ち葉が敷き詰められるのです。 石の階段も見えなくなるくらいです。 踏むとかさかさと大きな音がします。 うれしいものです。...
テ キ ー ラ に 喉 を 灼 き た る お 元 日... てきーらに のどをやきたる おがんじつ 30年ほど前のこと、マルガリータという、テキーラベースのカクテルの虜になった時期がありました。 グラスのふちに塩をぐるりとめぐらせたフルーティな軽いものです。 もう今ではそんなことはありません。 イベント以外では、ビールも飲みません。 我ながら立派に...
お お よ そ は 取 る に 足 ら ぬ と 寒 鴉... おおよそは とるにたらぬと かんがらす 今はこの一件でアタマがいっぱいという感じですが、これも時間が解決するのかもしれません。 一年も経てば、大したことではないとなるかもしれない。 そんなことは多いものです。 一年がムリなら三年? 命に関わるわけじゃなし。 しばらくはアタマの隅っこの一時...
ごみ出して 一時(ひととき)聞いた 法師蝉... 何を勘違いしたのか、まだ七月の終わり、夜遅くごみを出したとき、ツクツクボウシと鳴く声を聞いた。あまりの暑さに 勘違いしたのか、でも聞いた瞬間ほっとした。夏が苦手な私は、昔から、お盆が過ぎると、九月になると、もうすぐもうすぐ秋が来ると、指折り数えて、待ったものです。このごろのような暑さでは、一日一日終...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください