躊 躇 は ず 余 命 告 ぐ 医 者 ク リ ス マ ス

ためらわず よめいつぐいしゃ くりすます

訴訟をキラってか、ほかの理由があるのか、医療者がぐるりと態度を変えてから、もうずいぶんになります。

ホントのことをはっきり言う。

その方がたぶんいいのでしょう。

ホントのことは、知るべきだから。

おそらくわたしは、受け入れることできずに、雨戸閉めたまま、毎日寝て過ごすと思われます。

立ち向かうひとは、宣告の余命を超えるとも聞きます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください